突然の卒乳

現在、3歳になる息子のエピソードです。息子はミルクを飲むと必ずお腹を壊してしまう体質だったので、完母で育てました。

成長と共に夜寝るようになる子もいると聞きますが、0歳児の間、うちの子はずっと夜泣きがあり、夜間も2,3時間に1回は必ず起きて母乳をあげており、慢性的な寝不足が続きしんどい日々を送っていました。

離乳食を始めてから、日中は母乳を飲まなくなっていましたが、それでも夜間はずっと授乳していました。1歳になる頃に立ち始め、徐々に歩けるようになりました。すると、夜ぐっすり寝るようになりました。

自分で歩けるようになると、運動量が増えて肉体的に疲れると同時に、行動範囲が広がりたくさんの刺激を受けるため、脳も疲れてよく寝るようになるそうです。うちの子はそれが見事に当てはまり、本当にある日突然朝まで寝るようになりました。

夜間授乳がなくなったので、突然の卒乳が訪れました。さんざん母乳を飲ませていたのに、乳離れすると悲しくなるというお母さんのエピソードも聞いていましたが、私はこれでもかというくらい夜間授乳をしていたので、卒乳してくれたことをとても嬉しく感じました。

この時に学んだ事は、子供はある日突然に手がかからなくなってしまうから、後悔しないように自分もやりきった!と誇れるように子育てをすることが大切なのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。