発達障害の子供をABAで児童発達支援する

最近アスペルガー症候群という言葉をよく聞くようになっています。芸能人にもアスペルガー症候群の人が多く、SNSで歌手や女優、文化人などが自身の病状を告白するようになってるんです。

アスペルガー症候群の人はある特殊な能力があって、文章や絵画に音楽といった分野に高い能力を発揮することが多いのです。ある意味芸能界はこうした才能を発揮できる場で、芸能人として自活できます。

その反面協調性に欠けたり、相手の気持ちを察することができず、酷い言葉を悪気なく発したりもします。それ故、この病気が発達障害と言われる所以なんです。

ただ子供の頃から児童発達支援などをして、サポートしてあげれば大人になって社会化できずに困るということがなくなっていくのです。

たとえばABAという分析方法で、児童発達支援をしてあげるとある一定の効果が期待できるようになります。ABA分析とは、奇声を発したり、落ち着きがなくなる、問題行動の前後に着目するのです。

その問題行動の目的を明らかにした後、その環境を変化させるなどして環境を操作し、分析を重ねて行くのです。すると環境を少し工夫したり、変化をつけるだけでも問題行動が抑制されたり、徐々に問題が生じなくなっていくことが期待できるようになるんです。

こうした支援は子供のころから行うほうが、より効果的なのです。もし具体的な実践方がわからなければ、発達障害に特化したNPO法人や、精神科などで相談すると教えてもらうことができるんです。
三郷市の児童発達支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です